一応今日で夏休みまでの授業計画が完成しました。

で、明日からは、

✓NEWS6月号

✓夏期講習の時間割着手

✓課題添削

に注力していくことなります。

ので、その前にこのシリーズを…

前回までの流れだと、

単なる旅行記になってしまうので(苦笑)、

ちょっと書き方を変えていこうと思います。


私が感じたドイツ~その1~

子ども(と言っても就学前)に優しい人が多い

と感じたのは、

わが家の家族構成の問題もあったのでしょうが、

まずはケルンからオランドのアムステルダムへ行った時の出来事です。

元々その日は、

日帰りでアムステルダムに行く予定でした。

朝7時にはアパートを出て、

地下鉄でケルン駅へ。

そこからケルンメッセへ移動し、

DB鉄道でアムステルダムへ行くわけですが(所要時間2時間半くらいでした。確か。)、

その乗車前…

作業着のような服を着ているおじさんとちょっと話をしていました。

笑顔が素敵なおじさんでした。

で、乗車してから分かったのですが、

恐らくDB鉄道のそれなりのお偉いさんのようでした。

で、そのおじさん…

私たち一家が乗車すると近寄ってきて、

こっちへ来い!

と手招きしてくれます。

その先にあるのは…

通常の座席とは明らかに違う、

VIPルームの様な個室。

しかも、

既にその部屋には人がいたのに、

その先客を部屋から出してまで、

この部屋を使って良いよ、と。

ついでに、

俺の形態充電したいから、

コンセントは使わせてね!

と(笑)

で、期せずして使わせてもらえたのがこの部屋…







お陰で子どもたちは終始笑顔で、

トランプやら、

お絵描きやら、

好きなことをしながらあっという間にアムステルダムに到着しました。

子連れだというのを分かって、

笑顔でこういう配慮をしてくれたあのおじさん…

超ジェントルマンでした。


そして、もう1つ…

こちらの手違いで、

実はこの車両の予約自体は1日ズレてました(笑)。

しかも、それに気づいたのが車掌さんがチケット確認に来た時(笑)。

「おいおい、これ日付が明日になってるぞ!」と。

こりゃ…こまった。

これ、どうなんの?

右往左往する日本人夫妻(笑)

それを見て、

ドイツ人の車掌さんが言いました。

「ちょっと待ってろ」

で、しばらくするとその車掌さんが言いました。

とりあえず、今日アムスからケルンに戻るんだろ?

このチケットじゃ戻れないから、

さっきアムスの方に連絡しておいたから、

大丈夫なようにしておいたから、

とりあえずこれ持ってアムスの駅のカウンターに行きなさい!

と。



ちなみにその手紙がこれ




そこまでしてもらって私から出る言葉はやっぱり…




テンキュー!まじテンキュー!





でした。

いや~…本当にDBの職員って良い人ばっかりだな~…



と一安心した状態で到着したアムス。

で、車掌(レイモンド)に言われた通りに行きましたよ、カウンター。



が、そこから衝撃の展開に(笑)

意気揚々とDBの職員の女性にその手紙を見せて、

これ日付が明日になってるけど、

今日に変えてもらえるってさっきDBの車掌さんが言ってくれた。

と伝えました。

が、

そこで彼女が言い放った一言。









そんなの知らないわよ(-。-)y-゜゜゜













私も相方も一瞬でフリーズ(笑)

おいおい、どうするマジこれ。

帰れねーぞ…

既に時間は11時を過ぎていましたし、

※12時過ぎてたかもしれません。

子どもたちは「お腹空いた」と。

で、帰らないわけにはいかないので、

やむを得ずその場で帰りのチケットを取り直し。

当たり前ですが、

私は携帯を使ってそんなことをスキルは1ミクロンも持ち合わせていないので、

全て相方任せ。

で、携帯を物凄いスピードでいじくって、

あれこれやっている相方の横で、

暇すぎて母親の化粧道具で自分の化粧を始める長女(笑)



そんなこんなで何とかチケットも確保し、

無事ケルンに変えることが出来ました。


ちなみに…

帰りのDBでも、

ケルン在住のおば様のお陰で、

先頭車両の個室の様な席にのることが出来ました。


もうね…

何て子どもに、家族連れに優しい国なんだ…と。


※アムスの駅のDBの女性職員を除いて(笑)


地下鉄でもそうです。

子供連れの人がスーツケースを持っていると、

ほぼ確実に近くにいる男性がそれを車両に入れてあげたり、下してあげたりしていました。


あったかいな…と。


※アムスの駅のDBの女性職員を除いて。

と、子供連れに優しいなと感じた場面集でした。










カテゴリ: ふと思ふこと
今日は久しぶりに髪を切って、サッパリ仕様で出勤しています。

もみあげとか、

前髪とか、

白髪とか…

その辺を一気に解決出来たのが嬉しかったりして(笑)

しかし…

最近はひげにも白いのがちらほら混じってきています。

自分がどんどん年を重ねていることを実感するのですが、

中学・高校の頃と大して変わっていないというのも事実であり…

複雑な気持ちになります。


さて、本題です。

昨日は夕方から…

道場部の授業&英語教室&6年生部の追試フォロー&中3一斉

とあっという間に時間が過ぎていました。

そんな中で思うのは、

折角通塾しているのだから、

その効果を最大限に出来るようにするべきだよってことです。



例えば昨日の中3一斉…

普段は連続して3回も同一単元をやることはまずないのですが、

事前に作っていた授業計画と実力テストの日程の関係で、

平方根の同一単元の3回目の授業になりました。


が…

かなり良い理解度に達している子もいるのに対して、

3回目だというのに、

例えば「64の平方根は?」という問題にも、

±64

とか、



とか、

±√64

とか

√64

とか

±√8

とか…

こういう間違えをする子もいます。

昨日の時点である程度仕上がっている子に関して言えるのは、

✓理解力が普通にある



✓しっかり復習をしてきた

と言えるでしょう。

単元的に「理屈」が分かれば、

超簡単な単元ですから。

ただ、問題は…

昨日の時点でも上記のような問題を間違えたり、

未だに「平方根は?」と「根号を用いずに表しなさい」の違いが分かっていなかったりする子です。

何が問題か?

それは「昨日の時点で出来ていないこと」ではありません。


既に2回授業をしているのに、その復習を全くしていない


ってことが問題なのです。

イメージで言うと…

5月8日(水)に、平方根の導入を行い、0だった知識が65になったというのをスタートにすると…

①復習をしている子は、

8日~12日で復習をして、65→75にアップ

13日(月)の授業で、更に演習を行い、間違えた問題の理由を理解し、75→85にアップ

14日(火)に復習をして、85の知識を維持

15日(水)の授業で更に演習を行い、85→90にアップ

と、確実に前進をしているわけです。

だって、8日の授業前に分からなかったこと、出来なかったことが

出来るようになっている

わけですから。

それに対して…

②復習をしていない子は、

8日~12日で復習をしないから、65→35にダウン

※同じ内容を2回やっても定着していない子の場合は、経過日数によるダウン幅はこのくらいはあります。本気で。

13日(月)の授業で、更に演習を行うも、その時点で8日よりも分からなくなっていて自力で出来ない。解説を聞いて「あ~~!」と思い出してきて、35→65に戻る。

にも関わらず、14日(火)も復習をしないので、また65→55にダウン

15日(水)の授業で更に演習を行い、55→70にアップ

まぁ、8日の授業前と比べれば良いかもしれませんね。

でも…

確実にそういう子はその後も復習をしないので、

今週の土曜日には折角やった平方根の知識が70→50にダウン。

で、翌週の土曜日にはキレイに忘れ、15くらいまでダウンするでしょう。

つまり、

授業の意味が無い、出来るようになってない

となるわけです。


昨日の授業でも、

まさにこういう状況になっている子が複数いました。

中には、4月から同じことを切々と伝え、

その都度「頑張ります!」と口にはするのに、

同じことを5回も6回も繰り返している子もいます。



良いでしょうか?

塾に通っても、

毎日塾に行っても、

授業を受けても、

自分がやるべきことをやらないと絶対に、絶対に何も変わりませんよ?



話を「塾」から学校の観点から考えて下さい。

そもそも塾に通う前にも、

学校で毎日授業は受けていましたよね?

毎日勉強してましたよね?

家庭学習もやってましたよね?


それでも成績面で苦しんで、

今この塾に通っているんじゃないんですか?


学校から塾になったからと言って、

簡単に出来るようになるんではありません。


キャンパスは魔法を使える塾ではありませんから。

5教科の成績を上げていくってのは、

そんな簡単なことじゃないんです。


マヒしているかもしれませんが、

5教科で100点上げたり、

いきなり入塾後に50点上げたり…

そういう結果を叩きだす子が当たり前にいるので、

感覚的に「それが当たり前!」って思うかもしれませんが、

違いますよ。


そういう結果を出している子は、

私から見ても、



絶対に相応の努力をしている



から、

その結果を出せているのです。


ということで、

自身の通塾を意味のあるものにするために、

自分自身がもう少し努力をすべきだと思います。


頑張れ、キャンパス生!
カテゴリ: 塾のこと・・・
2019/05/15(水曜) 12:02

保育参観に思ふ

★5月8日更新情報★
✓6月より、市内の各中学の定期テストに合わせて対策特訓を実施します。中学1年生と3年生は在塾生以外の参加もお受け致します。詳細はお問い合わせ下さい。
※中学1年生、3年生共に若干名のみの募集となります。



まずは、Sるママさん。

毎度毎度本当に申し訳ございません<(_ _)>

職員室に飾らせて頂きました!

教室の雰囲気も一気に明るくなります。

本当に有難うございました!



さて…

昨日までで、

✓春課題中学3年分の添削

✓夏休み前の最終授業案(中3・中2)

が完了し、

今週の授業等のルーティン以外の業務は

✓小学部保護者会資料作成

✓夏休み前の最終授業案(中1)

となります。

春課題も中学1・2年生分の添削完了を今月中に終了させたいので、

そちらも毎日ちょこちょこ進めていますが、

焦らず、スピード感をもって、

進めていきたいと思います。



で、表題の件です。

今日は次女の保育参観でした。

毎回毎回思いますが…

保育園の先生って凄いですね、本当に。


先日の痛ましい事故に関しては、

私もブログで書こうかと思いましたが、

遺族の気持ち

保育園の先生の気持ち

第3者とは言え、

そういうのを考えるとどうにも…という状況でした。


で、話を戻しますが、

今日も…

先生方は作成物の下準備で本当に大変だったと思いますが、

そんなそぶりも見せず、

笑顔で子どもたちにも保護者にも接している…


凄いなという尊敬の念と感謝しかありません。


わが家は4人とも同じ保育園に通いましたが、

本当にこの保育園で良かったと思っています。

そして…

そう感じる最大の要因はやはり「先生」です。



信頼して子どもを預けられる先生。



自問自答しますね、こういう機会に改めて。

自分はそういう先生になれるような努力を怠っていないか?

塾生は勿論のこと、

親御さんの気持ちをしっかり考えて指導出来ているか?

親だったら思いますよね…

うちの子をしっかり見てもらいたい!

と。

そういう保護者さんの気持ちをしっかり理解して、

子どもたちと接しているか?


そんなことを保育参観に行くといつも考えさせられます。


ということで、

保護者さんの願い・思いをしっかりと汲んで指導にあたれるように…

今日も頑張っていこうと思います。



おし、頑張ろ!


カテゴリ: ふと思ふこと
さて…

今日もあっという間にこの時間です。

昨日はベトナム空港でのタトゥーのナイスガイおじさんのお話までしました。

たしか。


で、話が進まないので、

今日は強制的にドイツに到着します。




何かブログの意図がズレているのですが、

まぁ気にしない(笑)


今後、ドイツへの留学だけでなく、

旅行を考えている人にも何かしらのプラスになればと思うので。


で、フランクフルト空港に到着したのが早朝6時頃…

ドイツは緯度の関係で20時くらいになってもかなり明るいのですが、

朝6時の状況は日本と大差なかったように思います。


空港ではこんな感じ…


これは多分ベトナム空港での写真…かな(笑)




こっちは多分フランクルふと…だと思う。けど羽田かもしれません。

そして、フランクフルトからはスカイラインという鉄道で一旦移動し、

その後DはDB鉄道という新幹線でフランクフルトからケルンへ移動しました。

予めジャーマンレイルパスというのを購入していたので、

ドイツ国内の新幹線は滞在期間4日間の内、3日は乗り放題。

で、話を戻しますが、

本当はケルン駅まで行くはずだったのですが、

何と下りたのがケルンメッセという駅。

そこから森君と合流予定のケルン駅まで大した距離じゃないかと思い、

歩くという選択をしたわけですが…

これが間違いでした(-_-;)

超重たいスーツケースが2つある中で、

かなりの距離を歩くことになりました。
 











とは言え…

どこを歩いてもアートな落書きだらけなので、

歩いていても飽きもせず、

20分ほど歩くとホーエンツォレルン橋に。

で、沢山の鍵を見ながら、

※鍵が沢山あるのは逆側だったのは愛嬌です(笑)

子どもたちも色々な鍵を見て歩きながら、

何やかんやでちゃんとケルン駅に着きました。


で、駅についてとりあえずケルン大聖堂をバックにパシャリ!





で、その後森君と合流してから商店街へ。

目的は、

事前に問い合わせた際にはないということだったのでドライヤー。

※これは昨日書いた通り箱から出すこともなく、森君へプレゼントすることに(笑)

あとは…

ブンデスのケルンショップで、息子の念願のゲームシャツ。

本当は…

ホームかアウェイを購入するんでしょうが、

ダントツでカッコ良かったのが3rdユニフォームだったので、

迷わずそちらを購入。

ちなみにこれ



※しかも、モデルチェンジ直前とのことでディスカウントになっていてラッキー!

そのショップで、

息子&森君の記念撮影。




その間…

ユニフォームなんぞ興味0の女子チームは、

朝ご飯がてら屋台でポテトタイム。



ちなみに、このポテトで4€位でした。

1ユーロ130円だとして520円。

うーーん…

まぁそんなものかなと思いますが、

ボリュームは結構ありましたし、

味は美味しかったです。

あ、そうそう…

私が今回痛感したのは、

ドイツのキオスクやスーパー以外のお店では食品及び飲料は買わないようにすべき!

ってことです。

※ちなみに、ドイツとオランダにはコンビニはありません。あ…あるかもしれませんが、少なくともケルンとアムステルダムにはありませんでした。

ケルンの胸スポンサーにもなっている、REWEというスーパーなら、

1・5Lの水や炭酸ジュースで0.8€。

1・5Lオレンジジュースで確か1€。

なのに…

キオスクだと500mrで3€…

つまり500mlペットボトル1本で420円…




ディ●ニーランドか!



と突っ込みたくなるレベルでした。

故に、

スーパーで大きなペットで購入し、

それを空になった500のペットに詰め直したり、

水筒があればそれに入れたり…

それが一番賢いと思います。

あと、おまけで…

今回レストラン等では食事をしていないのですが、

一度だけ屋台以外で食べたのがケルン駅の店でしたが、

このお店のチキンと豆、芋とご飯のプレート…

私はこれが一番ドイツで美味しかったです。

ちなみにこれ


あ…

そういえばソーセージもおいしかったな(笑)

ということで今日はこの辺で。
カテゴリ: つぶやき
★5月8日更新情報★
✓6月より、市内の各中学の定期テストに合わせて対策特訓を実施します。中学1年生と3年生は在塾生以外の参加もお受け致します。詳細はお問い合わせ下さい。
※中学1年生、3年生共に若干名のみの募集となります。



いつもより早めに出勤してはいたのですが、

各種電話やメール等で気付けばこの時間…

今日のブログは手短にいこうと思います。


まず1つ目ですが、

欠席の生徒を除き、昨日中3生には課題を返却しました。

そして、その際に伝えました。

✓この課題の状況等普段の宿題の取り組みの状況は絶対に同じようになっている。つまり、ここが雑な子は普段の宿題も雑、〇付けも雑。よって、勉強が出来るようになるわけが無いし、成績だって上がるわけがない。「やばい…」と思うなら、今日から改めなさい。

✓ページも順番もごちゃごちゃ…字も何語か分からないレベルの子もいます。これを提出するということは、それを確認(添削)する人がいるということなのに、それを踏まえて提出している子が少なすぎます。2年生ですら、こうやって付箋をつけて、添削する人のことを考えてやれている子がいるというのに、3年生でこれをやっているのはNのみです。もう少し大人になって下さい。

他にも言いましたが、まぁこの2つがメインです。

返却された課題もしっかり確認して、修正すべきを修正して欲しいと思います。


そして2つ目です。

昨日は21日ぶりの英語教室でした。

それを踏まえて基礎クラス生は100問の単語の宿題を課し、

昨日はそのテスト(50問テスト)を実施しました。

で、その結果…

一発合格は11名中5名のみ。

しかも満点は3名のみ。

ちなみに昨年度の基礎クラスの結果は、

10名中一発合格が8名です。

不合格の2名のうち1名は41点で追試となり一発合格。

もう1名はテストが1点だったので、

本人及び保護者様と相談し、その時点で英語教室参加終了としました。

※これは厳しいと思う人もいるでしょうが、そうしないと単に英語がキライになって、終了です。それでは本末転倒になってしまいますので、終了としました。

結果だけを見ても…

ちょっと頑張りが不足している子が多いです。

今年の基礎クラス生は、

去年と比較し「頑張りの基準」がちょっと低いとも感じています。

ある意味では「テストへの認識が甘い」とも言えます。

そこに関しては伝えるべきを伝え、

しっかり修正していきたいと思います。

で、そんな基礎クラス生ですが、

こういう素晴らしい学習を実践している子もいます。




一人はあと1点で不合格となり(合格は49点)、

もう一人も40点は超えてきましたが残念ながら不合格でした。

が、二人とも努力の跡が見えましたし、

何よりこういう実践を出来ているというのが何よりの前進だと思います。

良いんです、不合格でも。

こういう努力を重ね、

追試を一発合格すれば。


そして、出来るだけ早い段階で…

毎回のテストも一発合格できるようになっていきましょう。


おし、お仕事再開!

















カテゴリ: 塾のこと・・・
2019/05/13(月曜) 18:44

2019GWの記憶③出発編

土曜日に消えた(消してしまった)記事の取戻しをしていきたいと思います。
 
 
まず、今回の旅程ですが、
 
秋田空港⇒羽田空港⇒ハノイ空港(ベトナム)⇒フランクフルト空港(ドイツ)
 
という流れでした。
 
出発したのが日本時間で朝7時。
 
で、フランクフルトに到着したのが、現地時間の朝6時。
 
時差が7時間あるとはいえ、
 
感覚的には24時間経過したらドイツに着いていた…
 
そんな感じでした。
 
 
 
ちなみにですが、
 
ドイツまでの旅費はマックス安い時は、
 
ANAの直行便でも往復で7万円程度でイケルそうです。
 
※今回ドイツをアテンドしてくれた森君談。
 
私も費用の余裕があれば直行便で行きたかったのですが、
 
少しでも安く済ませる為に経由で行きました。
 
その経由も、他に中国とロシアという選択肢がありましたが、
 
航空会社の安心感でベトナム航空を選択し、
 
ベトナム経由で行くこととなりました。
 
そして結果的に…
 
今回、飛行機代としては中々破格だったと思います。
 
GWにかかる超ハイシーズンだったことを考えると、です。
 
ちなみに、
 
直行便であれこれ調べて貰った結果、
 
あと二日出発を後らせて直行便で行ったら、
 
単純に倍以上でした(-_-;)
 
故に出発も早め、
 
経由便を利用し、
 
少しでも安く済ませる為にホテルも取らず…としました。
 
今回は4泊してきたので、
 
ホテルを取ると超格安ホテルでも6人だと約5万円(-_-;)
 
一般的なホテルだと、
 
1泊で8万円~10万円(-_-;)
 
仮にこれで4泊すれば、
 
宿泊費だけで約30万~40万円(-_-;)
 
 
そんなん出せるか!
 
 
って話だったので、
 
短期滞在のアパート(レオパレスの様な感じ)を借りて、
 
1泊6人で約1万円で済ませた感じです。
 
 
が、このアパートが超当たりでした。
 
部屋も1ルームでしたが広さも十分で、オシャレ。
 
しかも21階で、景色もビューティホー!
 
 
 
部屋にはドライヤーや調理器具もフル出揃っており、
 
コーヒーまでありました。
 
 
※ドライヤーは事前に問い合わせたら無いという回答だったので、ケルンで1000円くらいのものを買った(買ったのは相方)のですが、部屋に有ったので森君にそのままプレゼントしました。
 
 
さて、話を戻します。

出発の日の朝はわが家のワンコたちを預け、

そのまま空港へ。

で、空港に着いてすぐに気付いた忘れ物が2つあったのですが、

飛行機に遅れてはシャレにならないのと、

まぁなければないで何とでもなるものだったので、

そのまま搭乗口へ…

で、保安検査を受けて搭乗口前で待っていると…

 

早速遊び始める女子二人。

その後トラブルもなく羽田に到着し、

諸々の手続きを経て、

そのままベトナムへ。


 

 
 


 
 





で、到着したベトナムは「さすが」という感じで、

飛行機を降りると「むわっ」とした風を感じましたが、

このハノイの空港で1つ目のこの旅の思い出が。


というのも、

そもそも今回の旅行…

出発前に全く換金をしていませんでした。


まぁ、フランクフルトに到着したらユーロを…

とは思っていましたが、

そもそもドンを必要とするという発想が全くなかったのです。

そんな中で、

子どもたちは喉が渇いたたと皆言い出すわけです。



で、キオスクの定員さんに聞きました。

私の拙い英語で。

「クレジットカード使えますか?」

すると、店員さんが答えました。

「クレジットは無理」

マジか…

どうしようかと考えていると、

既にスプライトと水を抱きかかえている次女。

じゃあ、他の店に行ってみようかな…

と思ったら、

タトゥーを入れたイカツイおじ様が冷蔵庫の方に近付いてきました。

で、私はそそくさと道をあけ、

次女のスプライトと水を冷蔵庫に戻そうとすると…

そのタトゥーのおじ様…

私の手からスプライトと水を取って、

何やらベトナム語で店員と話しています。



え、俺なんかした?



日本でも「目つきが悪い」言われている私なので、

ベトナムで、

しかもタトゥーのおじ様に何か失礼をはたらいてしまったのか?

と不安に思っていると、そのおじ様…


満面の笑みで次女にスプライトと水を手渡しています。

で、店員さんが教えてくれました。


クレジットカードを使えるか聞かれたので、

このお店は無理ですよって答えたと伝えたら、

この方がキャッシュで払ってくれましたよ!


と。

それを聞いた私…



マジすか?(思わず飛び出す日本語!)

テンキュー!




それを聞いたおじ様は、

満面の笑みで颯爽と立ち去っていきました。


とりあえず、

今日はここまで。

まだドイツについてもいない…

このペースでいったらいつ終わるのか分かりませんが、

仕事最優先で続きを書いていきます。
カテゴリ: つぶやき
★5月8日更新情報★
✓6月より、市内の各中学の定期テストに合わせて対策特訓を実施します。中学1年生と3年生は在塾生以外の参加もお受け致します。詳細はお問い合わせ下さい。
※中学1年生、3年生共に若干名のみの募集となります。




さて…

先週の土曜日は、夜中に書いたブログ消失により帰宅後も結構凹んでいました(笑)。

自宅のノートPCでの更新も考えましたが、

翌日(つまり昨日)も朝から息子の練習付き添いがあったり、

午後は大潟村に出かけたり…

夜は夜で卒塾生&元講師のたくろーに来てもらって、

フットサルの県リーグ用の新ユニを考えたりで、

結果的に更新せず今に至ります。

が、今日から再度更新していきたいと思いますが、

まずは今日の通常ブログ(なんだこの呼称(笑)から。



先述しましたが、

昨日は午後から大潟村に行ってきました。

というのは、

こういう季節ですから、

どうしても菜の花ロードを見たくて…







なんていう感性の持ち主ではないですね(笑)

折角の通り道だったので、

菜の花ロードは通りましたが。





で、本当の目的地はこちらです。




受験生の保護者様方には既に保護者会でその可能性を伝えておりましたが、

15期生の合宿は初めての会場となる、

サンルーラル大潟さんにお世話になることが決定しました。


自塾の合宿は、毎年ユースパルさんにお世話になってきました。

今年の合宿に関しても、

昨年10月の時点で会場予約を抑えていました。


が、

附属中のDOVEアカデミーと日程が被ってしまい、

何とか調整を取ろうとするも、

何ともならず…

学校の授業及び行事が優先ですから、

一瞬「附属中の3年生が不参加という状況下でやるのか?」と自問しまたが、

やはり合宿は毎年の受験生が「やって良かった」というイベントです。

で、その後色々と調べ、

昨日初めて下見をさせて頂き、

担当の方とも色々と話をさせて頂いた上で…

無事今年の合宿はサンルーラルさんにお願いすることとなりました。


まだまだ考えなければいけないことは多々ありますが、

※OB座談会参加者の交通手段や費用面をいかにして例年の水準に近付けるか?などなど…

まずは一安心です。


加えて…

担当の方が本当に親切でした。

というのも、

自分の中では初めて問い合わせのお電話をした時点で、

サンルーラルさんにお願いすることはほぼ確定していました。

何より…

電話対応が本当に丁寧でした。


ということで、

今年の合宿は10月4日~6日の2泊3日。

会場は大潟村のサンルーラル大潟。

で決定しましたので。

保護者様方も宜しくお願い致します<(_ _)>



おまけ話

大潟から戻る途中…

女子チームが「天グリ」に行きたい!

と話していたので寄ってあげたかったのですが、

その時間には結構寒くなっており、

加えて娘たちが愛してやまないパンダ自転車の終了時間になっていたので、

残念ながら自宅に直帰。

その代わりに…というのも変ですが、

帰宅後小学校に行って、

息子はリフティング。

※中々更新できなかった記録を久しぶりに更新して、昨日で316回だったそうです。

長女と次女は鉄棒で遊びながら、

最後に4人でハンデ有りの徒競走をして、

「さぁそろそろ帰ろうか…」と言っていると、

向こうで長女が叫んでいます。





パパ―、抜けなーい!




おいおい…

何をふざけてんだ…

と思って近づくと、

衝撃的な絵面の長女が。












ネットが見事にフィットして、

抜けなくなってるという(笑)。

私と長男、次女で爆笑していると、

最初は顔が引きつっていた長女も自分で爆笑(笑)。

長男が無理くり引っこ抜いて、

無事解決。


ということで、

平和な日曜日に15期生の合宿日程と会場が正式に決定したというお話でした。
カテゴリ: 塾のこと・・・
2019/05/12(日曜) 00:34

必ず月曜日に…

折角書いていたドイツ出発編が…

私の誤操作により消してしまいました…


かれこれ40分。

黙々と書いてきたのに、

消してしまいました。


心が折れたので、

月曜日に必ず続編を書きます。

※それか明日


なんでこうなるのか…

せつなひ…
カテゴリ: 無駄話
★5月8日更新情報★
✓6月より、市内の各中学の定期テストに合わせて対策特訓を実施します。中学1年生と3年生は在塾生以外の参加もお受け致します。詳細はお問い合わせ下さい。
※中学1年生、3年生共に若干名のみの募集となります。




昨日は今年度の中学2年生部の保護者会でした。

まずは、お忙しい中時間を割いてご参加頂きました保護者様方に心より感謝申し上げます。

先月に実施した中学3年生部の保護者会の際にも感じましたが、

やはりもっと塾の内部のことを発信しなければいけないと痛感しました。

例えば、

✓一斉授業と個別指導を併用しているのはなぜか?
恐らく、秋田で一番早く一斉と個別の併用型を採用したのがキャンパスだと思います(←意味不明の自慢(笑)が、今では大分一般的になってきました。そして、この併用型はどういう意図でやっているかで、成果は全く変わってくると思っています。私は。

✓CT(チェックテスト)の内容とレベルは?
「ちゃんとやれば」合格できるテスト!私は子どもたちに常々そう伝えていますが、その根拠もお分かり頂けたかと思います。

✓普段の国理社の勉強は何をやれば良いか?
昨年検討したオプション講座を断念した理由も踏まえて、まずは何をすべきかをお伝え出来たのが良かったです。

などなど…

やはりこういうのは定期的に開催したいな~と思うのですが、

中々その準備が(苦笑)

ただ、

結果的に去年は出来ませんでしたが、

今年こそ「保護者さん向けの勉強のやり方講座」を1回は開催したいと思っています。

何とか実現に向けて準備を進めていきたいと思います。



では本題へ…

と思ったのですが、

今日は私用で出社も遅れていたのに、

出社後もバタバタでこんな時間になってしまったので、

隙間時間に書いていこうと思います。

とりあえず今日書きたいのは…

✓初めてのヨーロッパ続編(その3)

✓出す出す詐欺?勉強本に関する書籍出版の案内が来たけど、これは本当か?

の2本です。

まずは6年生の補習&追試担当&自分のお仕事を進めたいと思います。

カテゴリ: 塾のこと・・・
★5月8日更新情報★
✓6月より、市内の各中学の定期テストに合わせて対策特訓を実施します。中学1年生と3年生は在塾生以外の参加もお受け致します。詳細はお問い合わせ下さい。
※中学1年生、3年生共に若干名のみの募集となります。


今日もお礼からです(-_-;)

連日塾生及び保護者様から心遣いばかり頂いて恐縮ですが、

★Yり&お母様

昨日、

1年生のみんな(と私)が喜んで持ち帰りました。

温かなお心遣いを頂き有難うございました<(_ _)>


では、本題です。

本日は1つ目は完全に塾内の連絡事項です。

塾生には4月の時点で授業時に、

中学3年生の保護者様には既に保護者会の時点でお伝えしておりましたが、

今年度の一斉授業時間をやはり昨年までと同じ時間帯に戻します。

各学年以下の通りですので、

保護者様方にもご確認を頂けます様お願い致します。

①中学3年生部

一斉授業曜日:毎週月曜日、水曜日

時間帯:19時30分~22時30分(来週から終了時間を15分延長)

但し、6月の中総体までの2週間は開始時間を20時に遅らせます。授業計画もその通りに組んでおりますので、出来る限り20時には間に合うように登塾をお願いします<(_ _)>


②中学2年生部

一斉授業曜日:毎週火曜日

時間帯:
5月中は19時30分~22時15分
6月からは19時30分~22時30分(但し、20時まではある程度生徒が揃うのを待つつもりです)

③中学1年生部

一斉授業曜日:毎週木曜日

時間帯:
5月中は19時30分~22時15分
6月からは19時30分~22時30分(但し、20時まではある程度生徒が揃うのを待つつもりです)


15分でも終了時刻を遅らせて、

少しでも早く帰宅できるようにしたい…

そういう思いで今年度の一斉の時間変更に踏み切りましたが、

4月中の様子を見てまだ無理だと判断しました。

キャンパスの様な規模の小さな塾は、

この辺の機動力が武器です。

適していないと思ったら変えたり戻したり…

どんな時でも

塾生の成長の為に

という軸をブレさせないように…

運営をしていきたいと思います。

保護者様方には混乱を招いたり、ご迷惑をお掛けしてしまうかと思いますが、

何卒ご理解、ご協力を頂けます様お願い致します<(_ _)>




そして、もう1つです。

実は昨日…

ある中学3年生に強制帰宅してもらいました。

理由は無断遅刻が複数回に及んだからです。

勿論、突拍子もなくこういう対処を取ったのではなく、

前回の時点で「次回同じことがあったら帰ってもらうからね?」という話はしていました。

が、改めて全塾生に伝えておきます。

無断遅刻は絶対に止めて下さい。

昨日の生徒は、

「テキストを探していて遅れた」

と言っていましたが、

前回も前々回も同じことを言っていました。

ので、

前回も前々回も、

「遅れるなら連絡くらいできないの?出来るでしょ?」

と伝えていました。

にもかかわらず…

昨日も悪びれる様子もなく、

同じ理由を口にしていました。

私は思うんです…


5科の勉強なんかよりも、

★開始時刻の5分前に必要なものを揃えて到着できることの方が大切じゃないですか?

★やむを得ず遅れるなら、事前にそれを連絡することの方が大切じゃないですか?

★何回も同じ注意を受けないように、考えて行動することが大切じゃないですか?


数学の因数分解は出来るけど、約束の時間を平気でやぶる人。

数学の因数分解は出来ないけど、約束の時間をしっかり守る人。


社会に出た際に「求められる」のはどちらだと思いますか?


そういうことだと思うんです。

いつか勝手に出来るようになるんじゃありません。

今、ルールを守れないな人は、

恐らく10年後も同じです。




良いでしょうか?

再確認ですが、私は「遅刻がダメ!」と言っていませんからね?

※部活等のやむを得ない事情があるなら。

特にこの時期は部活で遅れるのはある程度やむを得ないと私も思ってますから。

でも、遅れるなら連絡を入れましょう。

遅れたなら、遅れた分の内容は自分でカバーしましょう。

※当然そのサポートは私がします。

その辺をしっかり考えて、実践出来るようになって欲しいと思います。

ということで、お仕事再開です。
カテゴリ: 塾のこと・・・
3 / 4 ページ
スマートフォン解析