2018/07/13(金曜) 12:18

自信に変えるのか?過信するのか?

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)
★平成30年度夏期講習泉教室のご案内はこちらです。
☑小学5年生は残席2席となりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>
☑泉教室中学部は全学年募集を停止させて頂いております。


★平成30年度夏期講習勝平教室のご案内はこちらです。
☑中学3年生は残席わずかとなりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>

★学童スクール夏休み短期利用ご案内はこちらです。



まずは、Tせーお母様。

先ほどはわざわざのお気遣いありがとうございました。

是非学童の5・6年生の保護者様にもアナウンスし、

希望の子がいたらご一緒させて頂きたいと思います。



さて、表題の件です。

昨日は道場部(&中3個別、小6振替)の授業&中学1年生の一斉授業が私の担当でした。

道場部生は…

癒しです。

とにかく癒されます。

数年前と明らかに違うのは、

我が子と同年代であるため、

その子の家庭生活や学習に費やせる時間…

そういったものをよりリアルに考えながら宿題を出したり、

子どもに訪れる「壁」を踏まえて指導が出来ているということです。

これ、本当に大きいです。

私の中で。

単純に「塾での授業や宿題」だけの関りではなく、

親御さんの葛藤を当事者として共有できる…

いつまで経っても経験、勉強だな…と毎日感じています。


で、その後の夜の中学1年生です。

とりあえず、昨日で殆どの生徒のテスト結果が判明しました。

※まだ順位を報告していない子もいますので、その子たちの順位は分かりませんが。

昨日も書きましたが、

まずまずの結果だったと思います。

ですが…

昨日の授業のCT…

散々な結果の子が半数程度いました。

内容は方程式の計算です。

確実に、

どの子もやれば出来る内容です。

なのに…

やっていない。

生徒にヒアリングしても、

やっていないんです。

何のための対策特訓だったのか?

対策特訓期間に自分自身が感じたはずの、

「もっと毎回のテスト勉強もしっかりやっていれば…」

という想いはどこへ行ってしまったのか?

それでは、

今回のテストが「経験」になっていないんです。

一時の感情…

そうなると、

確実に1ヶ月後に同じ状況が待っています。



今回のテストでは、

まずは自分の目標を達成した。

それを自信とするのは良いでしょう。

でも、

過信にしてはいけないのです。



自信は自分の「次」への原動力になります。

過信は自分の「次」への推進力を0にしてしまいます。


謙虚に…

あくまで、

目の前のこと1つ1つを大切に…

そういう姿勢で頑張って欲しいと思います。


昨日の数学では一次方程式の利用問題に入りましたが、

やはりと言いますか…

躓く子は見事に躓いていました(-_-;)



問題文を読めない。

文章を理解できない。

文章を式にすることが出来ない。

式の単位を質問すると間違える。



で、そういう子に共通するのは、

問題文に印をつけたり、

スラッシュで区切ったり、

文章の中で立式に必要なエッセンスを抜き取ることが出来ない…



まぁ、

早い話が「国語」です。

※論理的思考力の欠如とも言えますが。

だから、

全部たとえ話に変えて話をすると、

そこからは立式できてしまう…

まずは、

昨日言われたことをしっかり出来るかどうかです。

今回の定期テスト、課題テストの結果を自信に変え…

今回自身の思うよな結果に届かせられなかった子は、

その悔しさを次への原動力に変え…

またここから一歩ずつ頑張って欲しいと思います。




学年問わずですが…

私も佐久間も燃えてます。

次の定期に向けて。


まだまだ出来る。

もっともっと出来ることがある。


でも、それをするのは塾生自身ですから、

生徒自身の頑張りを引き出せるよう、

指導に努めていきます。



ということで今日も頑張っていきましょう!
387 回読まれました

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。

スマートフォン解析