2019/05/31(金曜) 12:13

出来る、やってやると本気で思えるか…

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)
まずは、お礼からです。

卒塾生えーかちゃん&ママさん。

わざわざの後輩たちへの差し入れ有難う御座います。

久しぶりに会っても相変わらずの笑顔(笑)

充実の高校生活の様なので、

勉強面でもしっかり歩みを止めずに頑張ってね。


そして、在塾生保護者様方。

現在、確認作業を進めておりますが、

一昨日からの配信メールへご返信頂き有難う御座います。

有事の際の対処等、

しっかりリスクマネジメントに努めて参りますので、

何卒宜しくお願い致します<(_ _)>


では、本題です。

昨日は中学1年生の一斉授業でした。

返却は来週になりますが、

現状での課題添削をしていて感じたこと、意識して欲しいことを伝えました。

具体的には…

✓途中式が無い子が目立つ

どう考えても一発で答えを出せない問題なのに、途中式も無いのに正解。しかも、課題では途中式も無いのにほぼ全問正解という子に限って、正負の確認テストの点数が低いという現実…一番大切なのは、それを修正しなければいけないと自覚することです。今後の成長に期待したいと思います。

✓英語の基本的なルールを守れていないのに、〇になっている子が目立つ

文頭は大文字、文末にはピリオド、疑問文なら?…まずは、こういう超基本ルールが抜けている子がかなり多いです。いや…間違えがあるのは良いんです。一番の問題は、〇つけをしているのにそこで×になっていないこと。これがマズいんです。加えて、冠詞抜けとYes、Noの後ろのカンマが抜けている子がかなりいます。

この辺です。

こういう課題や宿題への取り組みの姿勢は、

そのまま結果に直結します。


毎日2時間やってます<(`^´)>

毎日4ページやってます<(`^´)>


自信満々にそう口にするのに、中々結果が出ない子…

それは、

時間と量だけに満足し、

上記に書いたような、「中身」が伴っていないからです。

※私は「時間、量より質だ!」なんてことを言う気は1ミリも有りません。勉強で成果を出すには「時間も量も質も、全て大切だ!」です。ごく一部の「超」転載を除いて。「勉強は量より質だ!」なんて軽々に口にする大人もいますが、私はそれを否定はしませんが、恐らく「超天才」なのか、「自分の努力でばっこり成績を上げた経験が無い」人だと思ってます。あくまで私は。


ですから、

修正すべき点を修正し、

しっかりと成果を出すことを目的とした勉強を実践して欲しいと思います。


そして、やっと表題の件です。

そんな中1の授業終わりに、聞きました。

「今回のテストの目標点数を450点以上にしている人は?」

で、手を挙げたのが半分程度でした。


で、私は言いました。


おいおい…

出来ると思って、

絶対にそこを越えると思ってやらんでどうする(笑)

去年の1年生(つまり現2年生)の自己ベストは499点ね?

それだって、

やろう!やってやろう!

と思わないと出来ないよね?

みんなも同じ。

まずは、自分で出来る!絶対やる!

って思って目標設定しないと。



将来絶対に○○になりたい!

絶対に○○高校に行きたい!

次のテストは絶対に○○点とりたい!

○○に勝ちたい!


まずは明確な目標を設定しないと。

で、

誰よりも自分自身が「絶対に出来るんだ!」と思わないと…

私はそう思います。


ということで、

来週からは対策特訓です。


個人賞獲得を目指して…

頑張っていきましょう!
211 回読まれました

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。

スマートフォン解析