学童スクールキャンパス21

学童スクールキャンパス21 (27)

★新着情報★ ※6月29日更新
①夏期講習2019に関して
夏期講習2019の募集要項をHP上に掲載しましたので、ご興味御座います方はこちらをご覧下さい。
※中学1年生部は体験面談予約を頂きましたので、募集を一時停止させて頂きます。空席待ちの予約は引き続きお受けさせて頂きます。
②来年度中学3年生に関して
現中学2年生部は、来年4月中学3年生への進級時に若干名追加募集を行います。早期予約受付を開始致しますので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせ下さい。




ちょっと仕事を抜け、

子どもの授業参観に行ってきました。

小学生…

かわいいな(笑)

そんな小学生つながりの話ですが、

昨日は学童スクール生の6月の月間学習目標の達成度確認の日でした。

6月の3年生のお題は「都道府県制覇」で、

4年生は更に漢字での「都道府県制覇」でしたが、

どの子もしっかりと前進を見せてくれました。

例えば、1ヶ月前…

都道府県を5つしか分からなかった3年生が、

昨日のテストでは位置まで含めて全国制覇。

他にも、

5→46

5→43など、

全員が大きな前進を見せてくれました。

4年生も同様に、

16→47

14→42

という前進を見せてくれましたが、

3年生ながら4年生同様に漢字での都道府県調査に挑んだ子もいて、

その子も12→47で満点クリアです。



何か特別なことをしたのか?


いえ、全く(笑)

種も仕掛けも無い、

当たり前のことを当たり前にやっただけです。

それで子どもたちはしっかり伸びていくのです。

※私は、いかにもそれっぽい●●メソッドとかに全く興味が無い人間です。どれも当たり前のことばかりなので(笑)

そして、

こういう成功体験が子どもたちの自信に繋がり、

その自信が更なる好循環を生んでいきます。

子どもたちの可能性は無限大…

ありふれた言葉ですが、

これは事実です。

ただ、注意も必要で、

子どもたちの成長スピードも人それぞれです。

個人差があって当然。

なので、

それをしっかり踏まえた上で、

その子その子のペースで前進を続けていけばそれで良い。

私はそう思います。

※努力をしない、やるべきことを継続しないというのは別ですが…

ということで、

どの学年も7月は7月のテーマを掲げ、

そこに向かっての取り組みもスタートしました。

一歩ずつ…

前進を続けられる様に、

学童スク―ルもしっかりとサポートに徹していきたいと思います。

★更新情報★
✓平成31年度新中学1年生に関して…
 新中学1年生ですが、定員までの残席が少なくなってきました。ご興味御座います方は、お早めにお問い合わせを頂けます様お願い致します。
✓平成31年度新中学3年生に関して…
 新年度に向けて、新中3生は定員を増席致します。既に体験授業を開始している生徒もおりますが、ご希望の方にはまずは無料体験を受講頂き、その上でご判断を頂いております。ご興味御座いますが方はお気軽にお問い合わせ下さい。現在通塾中の生徒さんも、「春期講習から」や「3月から」の転塾にも対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。


★国立秋田高専学力選抜まであと18日!
★秋田県公立高校一般選抜まであと33日!



まずは、学童スクールに関してのお知らせです。

新年度(2019年度)の利用申し込みは昨日をもって停止させて頂きました。

今後は、定員に空きが生じた際にご案内を差し上げる「キャンセル待ち」のみお受けさせて頂きます。

昨年4月からスタートした学童スクールですが、

至らぬ点も多々御座います。

が、

日々スタッフ間で話し合い、

より皆様に喜んで頂ける運営を目指して参りますので、

新年度も宜しくお願い致します。

新年度を迎えるにあたり、

沢山のお問い合わせ、お申し込みを頂きました皆様…

本当に有難う御座いました。

追記

学童スクールに関しても、

頂いたお問い合わせやお申し込みの多くは、

スクール生や塾生の保護者様のご紹介でした。

この場を借りて、

ご紹介頂きました皆様に心よりの感謝を申し上げます。

有難うございました!




そして、もう1つ…

現在進行中の対策特訓に関してです。

今回の定期…

非常に素晴らしい意識でテスト勉強に挑んでいる子が複数います。

例えばある1年生の子は…

対策特訓開始と同時に自主的に携帯を私に預け、

毎日学校から直接登塾して真剣に勉強に取り組んでいます。

例えばある2年生の子は…

表面上ではそういうそぶりを見せませんが、

今回は、これまでとは違った意識で勉強しているのが、

昨日の一斉でノートを見ていても分かりました。

じゃあ、

全体としてはどうなのか?

佐久間Tからも言われているでしょうが、

やはり1年生の理社の「基礎知識」の不足が際立っています。

冬休み前にやった課題テスト。

あれがあったので「まだ」何とか…

という子もいるようですが、

学校の授業中本気で何をやってんの?

と思わざるを得ない子も複数います。

良いでしょうか?

これまで何度も何度も何度も何度も言ってきましたが、


「やった」=「テキストを解いた」


ということには何の意味もありません。


覚えるべきを覚えた。

解けなかった問題が解けるようになった。



それで初めて勉強としての成果ありです。

そして、

その「覚える」為に必要なのは、

反復頻度

です。

帰宅後に何時間も、何十分もやりましょう!

なんてことではありません。

でも、

帰宅後にや寝る前に、

今日やったこと

を簡単振り返ることは出来ますよね?

ノートを軽く見直し、声に出して読むことは出来ますよね?


自分は覚えるのは苦手


そう思うなら、

それを踏まえてやるべきなんです。


日々前進を感じさせる子もいる一方で、

惰性になってしまい、

先生の指示も守らず、勝手なことをやって「勉強のふり」になってしまっている子もいます。


テストで点数を上げたい…


そう思わない子はいませんよね?

でも、

それを実現するためには、

やるべきことがあるんです。

どの子も…

まだまだ出来ることはあります。


自分で思い当たる点がある子は、

今日から修正すべきを修正し、

「結果を出す勉強」にこだわっていきましょう。


頑張れ、キャンパス生!
塾部門では冬期講習が行われる冬休み中…学童スクールでは長時間利用となる子が多くなるので、哉子先生と美保先生が先頭に立って様々なイベントを企画してくれています。いや~…良いな(笑)私も行きたいですが、冬期講習で毎日8コマフルフル授業なので参戦は難しい…学習面でもいくつかプログラムを実施し、外出イベントも2つ、3つほど企画中。更には外部からの専門家を招いての「社会勉強会」などなど…で、その為の急遽MTも終え、私は来週分の国語の解説書も作り終え、次の仕事に。




おし…サクサク進めるぞ~!
8月31日に始まった学童支援員研修。

正式には


放課後児童支援員認定資格研修


ですが、

本日をもって全講座の受講が終了しました。

8日間×3時間の研修でしたが、

この研修期間で学べたことは本当に沢山ありました。

支援員としての知識は勿論のこと、

毎回の講師の方の講義の進め方やディスカッションのに耳にする他の学童さんの状況等々…

本当に沢山の学びがあり、

参加して良かったな…と思っています。

※研修がある日は朝は朝活~掃除までの流れがタイトだったので、その点だけは…でしたが(笑)

この研修を受講している期間には、

市役所の担当の方が実際にいらっしゃって実地調査もあり、

放課後児童クラブとして今後目指すべき方向性もより明確になりましたので、

ここからはこの学んだことをしっかりと経験として、

実際の「学童運営」に活かしていけるように努めていきたいと思っています。


で、折角なのでこの研修期間をちょっとだけ振り返って感じたことを書いてみます。


✓おやつ持参は他の学童職員の方も役所の方にも共感頂いた

本当は…子どもたちのおやつは手作りで作れたら良いのでしょうが、元々学童スクールのは「我が子の勉強をしっかりサポートしたいが、仕事や家事・育児で中々そこまで手が回らない」という切実な保護者様に少しでもお力添え出来るように…そして、スクール生が小学生のうちにしっかりとした学習習慣と強固な基礎知識を身に着けられる様に…」という想いが根底にありました。全部そろっていればそれが良いのでしょうが、そこを目指すと「全て平均的」な学童となり、自分たちの特徴も失ってしまうことになります。よって、「学習サポートと子どもたちがゆっくり過ごせる環境。そして、遊びの中に学びを!」という柱以外に関しては極力削っていきました。
ただ、それにより…おやつの際に子どもたちのアレルギーに必要以上に注意する必要がなくなったり(勿論おやつを交換したりする子もいますので、その点には最大限の注意を払っています)、親御さんからも「学童のおやつを購入する時に金額を決めて、その中で買える様に計算させたり、食べたいものを用意して上げられるのは嬉しい」というお声も頂けたり…(勿論、手作りをご希望の保護者様もいらっしゃるかとは思いますが)、思っていた以上に保護者様方にもご理解を頂けているのはやはり助かっています。ので、「おやつ持参」の流れはこのまま続けていこうと思います。


✓もっと小学校との連携を…

これはめちゃくちゃ痛感していますが、何とか放課後児童クラブと学校の先生とのミーティングの機会を設けられる様になったらな…と。頻繁でなくても、年に1~2回でも…小学校でのスクール生の様子を伺ったり、一緒にその子の成長の為にタッグを組んで…そういう関係を築けたら、もっともっと支援の質も幅も向上させられるのにな…と。ちなみに、居住地域(自治体)によっては、既にその機会がある児童クラブもあるようです。秋田市外で。ただ、県庁所在地であり、実際子どもの数も一番多いのが秋田市なわけですから、そういう自治体のケースを参考にして、もっともっと子どもたちの為に環境を整えていけたらな…と思いました。


✓イベントをもっと面白く、もっと広い視野で

4月からスタートした学童スクールですが、時間をかけながら、学習面における「サポート」はアップデートを繰り返しています。その為のツールもちょこちょこ増やしたり、学習サポートの内容もあれこれ考えながら。そんな中で感じるのが、やはり「イベント」です。今年で言えば、雄和のアスレティックやおもちゃの博物館、県立図書館や国際教養大学など、回数は限られますがイベントを実施しましたが、やはりそういうイベント時の子どもたちの表情は「最高」です。色々なアクシデントがあったり、そういう場だから出来る経験をしたり…なので、ここをもっともっと充実させたものにしたいわけです。回数をもっともっと増やすということではなく、年間計画の中でイベントを決め、そのイベントごとにしっかりとした目的を設定して。社会体験を盛り込んだり、秋田だから出来るアクティビティも盛り込んだり…そういうことを色々考えているナウです。


とここまで書いて、

あっという間にこんな時間になってしまいました(-_-;)

やることがちょっと詰まってますので、

また時間を設けて続きを書きたいと思います。

まずは仕事シゴト…
勉強する子、そして風船でワイワイ遊ぶ子とあやとりで先生と遊ぶ子。不思議なのは…風船でエネルギッシュに遊ぶのが女子で、あやとりでみほ先生とおしとやかに遊んでいるのが男子(笑)。こういうのもまたいとおかし(大変趣があって良い)。
またこの時間です…

いつもなら既にブログを書き終えて、

次の業務に着手している時間なのですが(-_-;)

急遽の仕事が飛び込んできたり、

自分自身でそれを作ってしまうようなミステイクを犯したり(笑)

まぁ、1つずつ地道にですね。



さて、表題の件です。

4月の開校以来、ちょっとずつ試行錯誤をしながら、

勉強面での取り組みの柱作りに努めてきた学童スクール生の勉強…

ただ、これが想った以上に難航しました。

※「勉強する」という意味での難航ではなく、我々が思っている「理想」にどうやって近づけていくかという「型」を作るという意味に置いてです。

✓スクール利用生の利用時間が個々でかなり差があること

✓学校の家庭学習の有無も個々で異なること

✓小テストの頻度や家庭学習ノートのスタートのタイミングも異なること

✓学年ではなく「個人」で集中力の上限も異なること

✓勉強時間をどんどん伸ばすのではなく、限られた時間内でこなすこと

そう…

あくまで「学童」であり、「塾」ではない。

でも「塾だからこそ学童」という特徴をどういう形で発揮していくか…

その辺ですね、悩んだのが。



で、夏休みまでの半年を踏まえ、

やっとそのベースとなる「型」が見えてきたかな…と。

で、それをあくまで「子どもたち自身」が管理し、

自分で学習を進めていけるようなツール作りが現在進行中です。

「単なるツール(紙)」といってしまえばそれだけですが、

そこには色々な意図、仕掛けがあるわけで、

当然そこには我々のこの13年間の経験も盛り込まれているわけで。



やっぱり最終的には「自学力」に尽きる…



そう思うわけです。

ということで、

あれもこれも…

同時並行で進める毎日ですが、

楽しみながらやっていきたいと思います。
今日のブログは2本立てです。

といってもそれぞれ「立て」と呼べるほどのものでもないのですが…

まずは学童スクールに関してです。

4月の開校以降、

本当に有難いことに毎月新たなスクール生を迎えながら、

ここまで来ることが出来ました。

そして、徐々に新小学1年生さんからもお問い合わせを頂くようになってきましたので、

新年度(平成31年度)に向けての募集状況を掲載しておこうと思います。

尚、在籍生に関しては新年度の継続希望の有無を10月位に確認させて頂きます。


★募集停止学年

小学2年生(来年度新3年生)

★残席僅かの学年

小学1年生(来年度新2年生)

★新年度新1年生募集予定

4名~7名 ※他学年の募集状況にもよります

以上となりますので、

宜しくお願い致します<(_ _)>



そして、2つ目です。

こちらは中学2年生部の通常一斉に関してです。

先週、あまりに体たらくな状況だった為、

こんなブログを書いていた2年生ですが、

昨日は「バッチリ!」とはいきませんが、

何とか「最低限」のところまでは持ち直してきたのかなと思っています。

※勿論、これが継続せず、昨日だけで終わっては話にならないのですが…

1コマの数学終了後の時間の使い方も改善していました。

休憩前半…ちゃんと休憩していてうるさい(笑)

休憩後半…2コマ目のCTに向け、ぽつぽつと勉強を始め、

授業再開の5分前にはほぼ全員がペンを走らせてしっかりCT勉強に取り組んでいました。

当然…

結果も変わりました。

満点のみ合格としたのですが、一発合格は6名。

そして、

9点での不合格が5名…

前回は1点、2点という結果が複数いたので、

それと比較しても改善は見られます。

※が、それでも継続的に取り組んだであろう子はまだ数名です。実際。個別指導の宿題を昨日の時点で終えている子も数名でしたので。

まずは一歩ずつ…

新人戦(秋季大会)を目前にして、

部活がハードだろうが何だろうが、

やるべきことはちゃんとやる。

そういう逞しさ、強さをしっかり身に着けてもらえる様に、

またサポートをしていきたいと思います。

ということで、

諸々の事情で今週が月曜日の社員MTを今日に変更していたので、

そろそろその準備をしながら、

1つ1つ仕事を進めていきたいと思います。

おし…

頑張ろ!
2018/08/24(金曜) 14:30

修学旅行風報告

投稿者:
学童スクールの一行は、

鳥海山木のおもちゃ博物館を出発し、

帰路につきました。

どうやら…

めっちゃ面白かったようです。

雄和のアスレティックに続き、

夏休み2回目の課外イベント…

次は冬休みですね。

学童スクールメンバーでオーパスでスキーやスノボ…

最高なのですが、

私は恐らくそこも参加が…

来年は、

まずは夏休み課外イベント!

そこは時間割との兼ね合いも考え、

私も参戦できるようにしようと思ってます。

あぁ…

楽しそう…

学童スクールの一行は、

国際教養大学での食事を終え、

仲良く雄和アスレティックに向かっています。

みんな元気です。

※引率指導員古屋談
【県内初の学習塾併設型学童保育学童スクールキャンパスについて】
①学童スクールのご案内は
こちら
②学童スクールの開校に至るまでのブログはこちら
③学童スクールの公式FBページはこちら

【学習塾キャンパス21更新情報】
①定員について…
 平成30年度中学部は全学年定員となりましたので募集を停止中です。小学部生は随時無料体験を受講頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ※中学部の「空席待ち予約」はお受けしておりますので、お電話にてお問い合わせ下さい。
②平成30年度高校入試結果について
 平成30年度高校入試結果は
こちらです。



まずは連絡事項です。

☑保護者会出欠確認に関して
 皆様ご協力頂き有難う御座います。昨日時点である程度揃いましたが、まだ一部未提出となっているご家庭も御座います。生徒を通じてお伝えしておりますが、もし用紙を紛失した場合にはお気軽にお申し付け下さい。再度ご用意させて頂きます。

☑年間行事予定に関して
 今年は例年より早めに年間行事予定も配布されているようです。昨日の時点で「外旭川中」と「東中3年生」の年間行事予定は把握できましたので、他の中学の予定も配布され次第一度塾に貸して頂けますようお願い致します。即コピーして返却致します。

そして、お礼です。

Kすけ、Aたママさん…

有難うございました。たまたまですが、昨日帰宅後の夕食(と言っても食べていたのは3時頃ですが(笑)は長いもステーキでした。

有難く頂戴致します<(_ _)>

そして、Hるママさん…

何度も申し訳ございません。大切に使わせて頂きます。

有難うございました!



さて、それでは本題です。

先日、私も授業を終えて、学童スクールでプチミーティングをしていた時のことです。

哉子先生がしみじみと口にしていました。



ホント、お母さん、お父さん方凄いですよね…



これ、哉子先生は十分分かっていたと思うんです。

これまでも。

入試決起会でもそうですし、

塾生とのやり取りでもそうですし、

親御さんに感謝しなきゃね?って彼女はしばしば口にしているので。

でも、学童スクールで「小学生の放課後」をサポートするようになって、

その「大変さ」を身に染みて、今まで以上に感じたようです。

そうなんですよね…

習い事もある。

学校の宿題もある。

学校の家庭学習もある。

※私は家庭学習ノートは必要だと思っています。が、個人的に「ノートをびっしり埋める」という条件は不要だと思っています。なぜか?「びっしり埋める」という目的が私には分からないからです。その子その子の目的があって、それに見合った勉強をしているのなら、それが一番大切なことなんじゃないのかなって…そう思っています。

加えて、通塾している子は塾の宿題もあり、

英語教室を受講している子は追い打ちをかけるようにその宿題も有ります。

世のお母さんやお父さん方は、

ご自身の仕事がある中で、

ご飯作りや洗濯、掃除という家事がある中で、

そんな中で何とか時間を調整し、

習い事の送迎をしたり、

家庭学習のフォローをしたり、

子どもとの時間を作って子供の話を聞き、

必要な時には厳しいことも伝えて諭し…

更に、自塾生で言えば授業のチェックテストまで作ってサポートして下さっているんです。

スゴイです、本当に…

スーパーマンとスーパーウーマンです。

ただただスゴイと私も心から尊敬していますし、

キャンパス生の保護者様方から学ばせて頂いたことが本当に沢山あります。


だからこそ、です。

全部とは言えずとも、

その一端を担う存在になれるのではないか?

せめて…

勉強面では「分からない」と言っていることを専門知識を用いて指導し、

家庭学習が「なんとなく、適当に」ではなく、質の高い勉強になるようにアドバイスし、

生活面では「楽しかった!」とお迎えに来た保護者様に笑顔を見せられるような過ごし方をしてもらい…

私たちはそういう学童になっていけたら…

そう思っています。

年度初めなので業務が重なり、

恐らくGW明けまでは中々学童スペースに入れない日が続いていますが、

保護者会を終え、

各学校の年間行事予定が揃って塾内の予定もある程度明確に出来、

夏休みまでの授業計画も仕上がったら…

多少は学童スペースに入れる時間も増やせると思うので、

私自身ももっともっと子どもたちと関わっていきたいと思います。




ということで、本当に詰めっつめで仕事を進めてきた今週ですが、

何とか保護者会の資料も仮完成し、

NEWS5月号もあと1ページというところまで進み、

とりあえず明日までの「マスト」だった業務も間に合いそうです。

良かった(笑)

あとは、

それぞれ大切な「仕上げ」が残っているので、

最後までしっかりとやりきりたいと思います。

今日も頑張っていきましょう!
1 / 2 ページ
スマートフォン解析