※キャンパス21更新情報※ 11月16日更新

【学童スクール来年度の利用申し込みについて】

近日中に案内をこのブログからLINK出来るようにしますが…9月から来年度の学童利用の予約を少しずつ頂いてきました。そして、現状で仮申し込み頂いているご家庭分を除くとあと5名で定員となりました。もし来年度のご利用をご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにお問い合わせを頂けますようお願い致します。尚、学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

【冬期講習について】
今年度の冬期講習は小学5年生~中学3年生部まで実施致しますが、中学1年生~3年生までは全学年定員の為講習会生の募集は御座いません。小学5・6年生は参加生を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。尚、冬期講習のご案内も既に出来ていますので、近日中にHPに掲載します。

【学習塾キャンパス21の来年度に関して】
先述の通り、現在中学部は全学年募集を停止しておりますが、現2年生は新中学3年生となるタイミングに合わせて若干名の追加募集を行います。既に予約を頂いているご家庭も御座いますが、2月から随時無料体験を受講頂き、その上で正式なご判断を頂きますので、ご希望の方はお早めに体験授業予約を頂けますようお願い致します。
尚、現小学6年生さんも中学入学を控えていますが、2月から例年同様中学入学準備講座を実施致します。中学入学準備講座のご案内も既に出来ておりますので近日中にこちらのページとLINKさせますのでもう少々お待ち下さい。





今日は東中、飯島中生が定期テストです。

言われなくても頑張っているでしょうから、

私は結果を楽しみに待ちたいと思います。

来週に御野場中、西中の定期を残しますが、

殆どの中学の定期テストを終えたことになります。

先日のブログにも書きましたが、

テストが終えた今だからこそすべきことを、

しっかりと頑張って欲しいと思います。




では、本題です。

昨日中3生には直接伝えましたが、

他の学年の子にも肝に銘じて欲しいので書いておきます。

キャンパスの中3生は夏休み以降、

5教科の授業に移行します。

土曜補習も始まり授業回数も増えますが、

教科は曜日によって特定するわけではありません。

故に…

事前に塾生が分かるように、

入口に授業予定を掲示し、

持ち物等も把握できるようにしています。


にも関わらず、

にも関わらず、です。


この1ヶ月間…

毎回です。

毎回、毎回必ず誰かが教科を間違え、

忘れ物をしていました。

中にはそれが複数回繰り返される子もいて、

厳しく注意した子もいました。

なんで?

なんで忘れ物くらいでそんなにうるさく言うの?


そう思う子もいるでしょう。

が、私はこう思うんです。

なんで?

なんで勉強しに来てるのに、

なんで掲示板に事前に書いてあるのに、

なんで忘れるの?

なんで確認しないの?


私は…

難しい関数の問題を解きなさいなんて言っていません。

私は…

難しい、難解な英文を全訳しなさいなんて言ってないんです。

私が言ってるのは、

小学1年生も出来る「忘れ物をしないでね!」ってことだけです。

事実、

道場部の小学1年生だって忘れ物をしません。

小学1年生だって、

ノートの残りがもう少しだと分かれば、

新しいノートを準備しているんです。

分かりますか?


君たちは受験生です。

忘れ物くらい…

大切な1回の授業に対しての認識がそのレベルの子が、

こっから上昇カーブを描いていけるでしょうか?

出発前に持ち物の確認すら出来ない子が、

志望校に合格したとして、

その高校で何を学び、どんな大人になっていくというのでしょうか?


加えて…

今ちゃんと出来ない奴は、

大人になってもちゃんと出来ません。

いますよ…

だらしないオトナ。

いますよ…

何回も何回も同じことを言ってもワカラナイ人。

今本気で考え、

今本気で気づき、

今心からそれを修正しようという気にならなければ…

ずっとそのままだよ…

私はそう思います。



そして、もう1つ…

これは一部の中学生に対してですが…


授業や自習後、

お迎えが数分遅れただけですぐ親御さんに電話する子がいます。

あのね…

数分くらい、待てないのか?

って私はそう思います。

親御さん…沢山やることありますよ。

洗濯ものを畳んでいるかもしれません。

皿を洗っているかもしれません。

お風呂でちょっと遅れてしまったかもしれません。

疲れてちょっと寝てしまっているかもしれまんが、

ならせめて…

10分位待っても来ないのなら電話すれば良いんじゃないの?

そう思うんです。

だって…

自分は友達とワイワイ話してて、親御さん待たせることあるじゃないですか?

自分は先生と話してて、親御さんを待たせることあるじゃないですか?


その時…

2分遅れただけで親御さんが教室に入ってきますか?

親御さんだって待ってるのに…

早く帰ってビール飲みたいな…

早く帰って明日に備えて寝たいな…

早く帰って読書したいな…

そういう想いがあっても、

君らが可愛い可愛い我が子だから、

だから君らを待っているというのに…

数分遅れただけで、







まだ?








とか








どこ?






とか…

私だったら、

我が子からそんな電話が来たら、








アホか!

歩いて帰って来いっちゅーねん!









とだけ伝えて、

電話切りますわ。



よく考えて下さい。

世の中は君中心に回っていません。

そして、

今君が毎日塾で勉強してるのは、

誰でもない君自身の為です。

君が合格してもお父さんの給料は上がりません。

君が合格してもお母さんの家事は減りません。

君が行きたい高校に行く為に、

君の親御さんは全力でサポートをしているんです。

それを忘れてはいけません。


中3にもなってそんなことすら分からない子が、

高校に合格したってその先成長していくことは無いだろうな…

私はそう思います。
カテゴリ: 塾のこと・・・
※キャンパス21更新情報※ 11月16日更新

【学童スクール来年度の利用申し込みについて】

近日中に案内をこのブログからLINK出来るようにしますが…9月から来年度の学童利用の予約を少しずつ頂いてきました。そして、現状で仮申し込み頂いているご家庭分を除くとあと5名で定員となりました。もし来年度のご利用をご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにお問い合わせを頂けますようお願い致します。尚、学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

【冬期講習について】
今年度の冬期講習は小学5年生~中学3年生部まで実施致しますが、中学1年生~3年生までは全学年定員の為講習会生の募集は御座いません。小学5・6年生は参加生を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。尚、冬期講習のご案内も既に出来ていますので、近日中にHPに掲載します。

【学習塾キャンパス21の来年度に関して】
先述の通り、現在中学部は全学年募集を停止しておりますが、現2年生は新中学3年生となるタイミングに合わせて若干名の追加募集を行います。既に予約を頂いているご家庭も御座いますが、2月から随時無料体験を受講頂き、その上で正式なご判断を頂きますので、ご希望の方はお早めに体験授業予約を頂けますようお願い致します。
尚、現小学6年生さんも中学入学を控えていますが、2月から例年同様中学入学準備講座を実施致します。中学入学準備講座のご案内も既に出来ておりますので近日中にこちらのページとLINKさせますのでもう少々お待ち下さい。





今日は泉中、桜中が定期テストです。

キャンパス生も今頃真剣に問題用紙に向き合っていることでしょう。

まずは最後まで…

しっかりやりきってきてほしいと思います。

そして、また今日から…

次を見据えて、

自身の学力向上を目指して、

頑張って欲しいと思います。




さて本題です。

昨日は火曜日…

中学2年生部の一斉授業の曜日です。

で、昨日はテスト前の中学とテストを終えた中学が混在していたので、

テストを終えた中学の生徒はテスト直し、

テスト前の中学の生徒はテスト勉強と教室を分けて勉強しました。

で、

私が担当したのはテスト直しに取り組んだ生徒たちです。

今までも個別にテスト直しのやり方を指導したり、

塾で自学で直しをしている子にアドバイスをしたりもしましたが、

授業時間をフルに使ってテスト直しをやったのは初めてでした。

※昨日テストが終了した生徒はテストも返却されていないので、他のことを指示してやってもらいました。が…それも大成功でした。S曰く…「やばい、相当忘れてます」そうだよね?昨日の話を踏まえて、自分で少しでも早く受験勉強のスタートを切っていけたら良いね。受験勉強にはフライングは無いから…


で、まずはその様子がこんな感じです。



最大勢力の泉中生はテスト勉強の為、少人数で。ただ、机は贅沢に使ってやれました(笑)

初めてテスト直しに取り組んだH。レジュメも真剣に読んで、一所懸命にやってました。

さすが附属中…一筋縄ではいかない、良い問題もちらほら。

全員ノックアウトされた関数のグラフ問題。私は個人的にはこの問題が一番好き。



結果的にですが…

やって良かったなと率直に思います。

中には、中1からずっと通っているのに、

「やらなければ」と思いながらも一度もテスト直しに取り組んでこなかった子もいます。

授業初めには改めてテスト直しの重要性を伝え、

そういう意識で普段の学習に取り組んでいけば絶対に力がつかないわけはないということも伝え、

結果を出している子たちはそれをちゃんと実践しているという事実も伝え…

そうして各々に取り組んでもらいました。


加えて、余談ですが…

今回のテスト勉強を振り返っての反省点を振り返って貰って、

全員に課題を話して貰ったのですが、

✓テスト時の時間配分を間違えた

✓分からない問題に時間をかけ過ぎた

という話をする子が多い中、

Hが言いました。

出来るつもりになっていた。

分かったつもりになっていた。

それが原因だと思います。

だからテストでは出来なかったんだと思います。



ザッツライト!

もうね…

その通りなんです。

テストで出来ないのは、

テスト前に出来るようになっていなかったから。

それだけなんです。

でも、それを自覚できた…

確実に、確実に変わるでしょう。

これから。



さて、話を戻します。

そんなこんなのテスト直しの中でも色々なやりとりがありました。

動点問題は座標とグラフで考えるんだったしょ?

関数の判別は表を書くんだったよね?

その都度、

「あ~…」

とか、

「そう言えば…」

とか。

その中で沢山の気付きがあったと思います。

そして、一番は…




勉強は時間がかかる







そんな当たり前の事実を自覚して貰えたことが大きいと思います。

昨日は一斉授業の時間なので3時間あったわけですが、

その中でテスト直し(数学のみ)が終わったのは一人のみです。

3時間かかっても終わらない…

これが現実だと思います。

勿論点数やテストの難易度にもよります。

が…

しっかりやろうと思えば時間がかかるんです。

例えば、

一次関数の問題から比例、反比例のプチ復習に飛び、

基本式や表、グラフの特性をまとめさせた子もいます。

例えば、

自主的に塾テキストに戻って角度のポイントをまとめていた子もいます。


そう…

それが「やりっぱなしではない本当の勉強」なのです。


出来ますよ、みんななら。

出来ますよ、第一歩を踏み出せば。


それを忘れず、

今日以降テストを終えた子も、

次のテストに向かう為にはまず今回の復習から…

しっかり学習に励んで欲しいと思います。


頑張れ、キャンパス生。



おまけのどうでも良い話

今日のお昼に食べた「まぜそば」が辛すぎて、

口の中で火を噴いています。

お陰で…

唇ヘルペスの痛みも忘れるレベルです(笑)

基本私は辛い物は好きですし、

それなりにからいものも「イケル」のですが、

これは辛すぎです。

汗が止まりません(笑)

そして、

こんなに寒いのに半袖です(笑)

あぁ、辛かった。




カテゴリ: 塾のこと・・・
※キャンパス21更新情報※ 11月16日更新

【学童スクール来年度の利用申し込みについて】

近日中に案内をこのブログからLINK出来るようにしますが…9月から来年度の学童利用の予約を少しずつ頂いてきました。そして、現状で仮申し込み頂いているご家庭分を除くとあと5名で定員となりました。もし来年度のご利用をご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにお問い合わせを頂けますようお願い致します。尚、学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

【冬期講習について】
今年度の冬期講習は小学5年生~中学3年生部まで実施致しますが、中学1年生~3年生までは全学年定員の為講習会生の募集は御座いません。小学5・6年生は参加生を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。尚、冬期講習のご案内も既に出来ていますので、近日中にHPに掲載します。

【学習塾キャンパス21の来年度に関して】
先述の通り、現在中学部は全学年募集を停止しておりますが、現2年生は新中学3年生となるタイミングに合わせて若干名の追加募集を行います。既に予約を頂いているご家庭も御座いますが、2月から随時無料体験を受講頂き、その上で正式なご判断を頂きますので、ご希望の方はお早めに体験授業予約を頂けますようお願い致します。
尚、現小学6年生さんも中学入学を控えていますが、2月から例年同様中学入学準備講座を実施致します。中学入学準備講座のご案内も既に出来ておりますので近日中にこちらのページとLINKさせますのでもう少々お待ち下さい。





まずは山王中生…

今頃テスト問題と必死に向き合っていることでしょう。

最後までしっかり問題を読んで、

頑張っておいでね!


そして、もう1つ…

昨日、中学3年生の「ギリ」君が私にDSを預けに来ました。

先日の面談を経て。

面談時、時間の使い方を聞いて、

現状での問題点を改めて考えて…

で、結果的にやはり問題はDSかという話になったのですが、

私からの強制は一切していません。

あくまで彼の意志に任せ、

その上で

預かって欲しいと思うなら、先生預かるよ

という話をして先日の面談を終了し…

その結果、昨日持ってきたわけです。

彼…

その勢いで居残り自学も開始しました。

まぁ…変わるでしょうね。

必然です。

生活が変わる。

行動が変わる。

今まで自分の勉強に問題になっていたものが無くなって、

その時間が勉強に使われる…

必然ですね。

変わるでしょう。


ということで、

まだこんな時期になっても

やれLINEだ。

やれツイッターだ。

やれ動画だ。

そんなんに余計な時間を費やして、

夜更かししている受験生がいるなら…

考えるべきです。

手に入れたいものがあるなら、

何かを我慢し、

何かを失うのです。

だから得られるものがあるのです。

あれこれうだうだ言い訳しないで、

やれば良いと思います。

頑張れ。



ということで本題です。

12月頭に配布するNEWS12月号を現在作成中ですが、

その中の1つの記事をそのまま転載します。

なぜ今?

と思ったのですが、

定期を終えた子に少しでも早く、

今回の反省点を次に活かして欲しいからです。

2週間後だと、冷めてしまう…

その可能性があったからです。

では…



①毎日通塾に満足してはいけません
 
 今回の対策特訓で今まで以上に気になったのがこれです。当たり前のことですが、キャンパスは魔法の塾ではありません。毎日そこに通いさえすれば学力が上がる、点数が上がるなんてことはないのです。対策特訓の目的は「 毎日通塾し、テスト範囲内容で覚えるべきを覚え、問題演習をこなし、出来ない問題が出来るようになること」です。覚えるべきを覚えれば、問題演習をこなす中で出来る問題を増やせば点数が上がるのです。にも関わらず…その肝心要なことを忘れ、毎日惰性で通塾していると感じる子も少なくありませんでした。対策特訓の目的は毎日通塾することではない…対策特訓の目的は「 覚えるべきを覚えること。出来る問題を増やすこと」であることを忘れないで欲しいと思います。
 
②国語・理科・社会の学習を普段から
 
 これまでも幾度となく伝えてきたことですが、対策特訓開始時の国理社の知識がほぼ皆無状態になっている子が散見されました。何故なのか?その理由はたった1つ、やってないからです。今年度のオプション講座の開講を見送った一番の理由もここでしたが、「 教えてもらう」以前に、大前提の自学の時間が殆ど確保出来ていない子が多すぎるのです。そして、この状況でオプション講座を開講したら、これまで以上に学校の授業を軽視する子が増えてしまう可能性すらあります。それでは本末転倒だと思ったのです。
 話を戻しますが、国理社の勉強時間を確保出来ていない子は、まずは「継続的に国理社の勉強時間を確保すること」を考えて欲しいと思います。そして、その為に必要なのは「今、NEWSを読んでいるこの瞬間」に、国理社の勉強をする曜日と時間を決めてしまうことです。例えば、
 
✓毎週土曜日の20時から21時30分と水曜日の20時から21時30分は国理社の勉強
✓毎週水曜日と金曜日は塾に自習登塾して酷理社の勉強

 
等、その勉強を実践していく為の具体的方法を決め、親御さんにも宣言してしまうと、それは実践に移しやすくなります。今回も対策特訓開始時点で国理社で知識不足を痛感した子は、即実践に移して下さい。
 
③やりっぱなしはダメ!絶対ダメ!
 
 普段から口酸っぱく伝えているつもりですが、対策特訓期間の演習を見ていて、「 伝わっていない」と感じることが多々あったので改めて。例えば、学校ワーク演習…
 
✓〇付けをせずに、どんどん演習を進めている
✓〇つけ後、赤ペンで正答を書いているが、その問題の再演習を指示すると全く出来ない
✓演習を終えたと思ったら、解答も見ずに〇付け

 
こういう状況の子がいましたね?〇付けすらしない勉強に意味はあるのでしょうか?分からなかった問題に、赤ペンで解答を書き写して何か意味はあるのでしょうか?普段から「こういう勉強は意味が無いからやめてね!」と言われていることをやって、力はつくのでしょうか?そう…全く、何1つ意味が無いのです。
 例えば、単語練習や漢字練習。漢字ワークをやる時には全て答えを見ながら書き込んで、覚えるでしょうか?今日ノートに20回書いた単語を、「その日だけの勉強」で終わらせて、3日後に覚えているでしょうか?確認しなくて良いのでしょうか?何十回でも何百回でも繰り返しますが、やっただけの勉強には意味はありません。分かったというステップで終わっている勉強にも意味はありません。覚えるまで反復して、テスト当日に出来た。そう…つまり、

 出来なかったものが出来るようになった

それが勉強の成果です。やりっ放しはダメなんです。それを肝に銘じて、今日からの学習に取り組んで下さい。
 
④理社のノートがただの無駄遣いになっている…
 
 キャンパスでは全科目、ノートの使い方を指定しています。その中で理社のノート法は上記のように指示していますが、基本は
 
✓ページの外側半分に演習
✓ページの内側にまとめ

 
となっています。その目的はいくつかあるのですが、
 
✓アウトプットとインプットのバランスを取る
✓分からなかった、出来なかった問題をそのままにしない

 
主にはこの2つです。これを意識しないと…
 
✓演習に勉強が偏り、どんどん解き進めるだけ。だから、テスト範囲を終えてはいるけど、全然出来るようにはなってない
✓まとめに勉強が偏り、自分が書いたノートへの達成感だけがどんどん募り、最終的には蛍光ペンでカラフルに彩ったり、影をつけた字を書いたり、勉強の目的が徐々に「綺麗なノートを作ること」に変わってしまっている

 
というようなことが起こり得るのです。よって、理社のノート法も細かに指示をしています。が、今回の対策特訓中の理社のノートを見ていると、ノートの内側がスッカスカ…単なるノートの無駄遣い状態になっている子が本当に多かったです。誤解の無いように書いておきますが、私が言っているのは「 ノートの内側もびっちり埋めなさい」ということではありません。その時点である程度知識が入っていて、アウトプットできるだけのインプットが済んでいるという状態にあるのなら、まとめ( =インプット)はさほど必要が無いのです。ですから、そういう生徒には「 演習とまとめのバランスを変えていいから、演習量を増やすためにノートの内側のスペースを狭くしていいよ」と伝えています。が、そういう状況にない子…つまり、定期テストでも理社の得点が80点未満や実力テストの理社も60点未満という状況なのに、ノートの内側がスッカスカの子がいるわけです。ワーク演習でも×だらけ。基本中の基本の知識すらままならないのに、それなのにノートの内側がスッカスカの子が沢山いるわけです。
 どうでしょうか?これを読んで「 はっ」としている子は、k炉絵を読んで「 あ、これは自分のことだ」と思っている子は、しっかり修正していきましょう。
 
⑤総括…
 
 他にも書きたいことは多々ありますが、この対策特訓期間のみんなの学習を見ていて思ったことを4つに絞って書きました。ここまで読んでもらって、課題を自覚してくれた子もいるでしょうし、「 そういうことを意識してテスト勉強に取り組むことが出来ていた」と自信を深めている子もいるでしょう。
 この記事を書いている段階ではテスト結果は殆ど返却されていませんし、まだテスト自体実施されていない子も半分以上います。が、結果だけを見てみんなにあれこれ言うのはフェアじゃないですし、あくまで「 対策特訓」という過程段階での課題を明確にしたかったので、今月のNEWSに書きました。
 そしてもう1つ…結果には必ず原因があるということです。今回のテスト結果が思わしくないとすれば、それは絶対にテスト勉強に課題があるということです。結果は偶然ではなく必然です。それをしっかり踏まえて、修正すべきを修正し、次のテストに向かっていきましょう。そして、それが出来ていけたら、それこそが本当の意味での成長だと私は思います。
 
 
 

カテゴリ: 塾のこと・・・
学童関連のこの記事…出ましたよ、やってしまいましたよ…率直な私の感想です。違うんですよ、方向性が。考えるべき視点が。まぁ、私には関係ないですが。私たちは私たちが考える大切なことを絶対に守りつつ、やっていきますが。結局はこういう制度を決める人たちが、変える人たちが現場を見ていない、現場を知らない、現場の声を吸い上げようとしない…そういうのが一番のモンダイなんでしょう。首都圏で「支援員一人でOK」なんてなったら、組織的な経営をしているところなんかはガンガン削れるところを削り、質の低下を招くことでしょう。地方においても、緩めなくて良い有資格を撤廃したりなんてしたら、それも質の低下を招くことでしょう。まぁ、詳細を確認してからですが、秋田県がどういう方向に向かっていくのか?自治体の裁量に任せられるのであれば…そこに思っきり期待したいと思います。
カテゴリ: 塾のこと・・・
今日も既に自習を開始している中学生。本日の1番ノリはホネ太君。他にも、中3のRちゃんにHね、最近の2年生の一番乗りコンビNちゃん、Hぴー。なんですが、一番乗りだったホネ太君…こんな時間の登塾は珍しいので彼に聞きました。

「今日、なんで早かったの?」

に対して彼…

「ワカリマセン。」

私は言いました。

「ワカリマセンなんてあるか!職員会議とか面談期間とか、理由があるだろうが!!」

それに対しての彼の回答が…

「あぁ~、そう言えば先生たちみんなスーツ着てました!」





安西先生…

彼は日本語が通じません…






昨日とのやり取りと言い…

彼は今年半年間で実力テストの点数を250点上げている強者ですが、

なんですが…

ちょっとアホです(笑)

安西先生…

助けて下さい…



カテゴリ: 塾のこと・・・
※キャンパス21更新情報※ 11月16日更新

【学童スクール来年度の利用申し込みについて】

近日中に案内をこのブログからLINK出来るようにしますが…9月から来年度の学童利用の予約を少しずつ頂いてきました。そして、現状で仮申し込み頂いているご家庭分を除くとあと5名で定員となりました。もし来年度のご利用をご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにお問い合わせを頂けますようお願い致します。尚、学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

【冬期講習について】
今年度の冬期講習は小学5年生~中学3年生部まで実施致しますが、中学1年生~3年生までは全学年定員の為講習会生の募集は御座いません。小学5・6年生は参加生を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。尚、冬期講習のご案内も既に出来ていますので、近日中にHPに掲載します。

【学習塾キャンパス21の来年度に関して】
先述の通り、現在中学部は全学年募集を停止しておりますが、現2年生は新中学3年生となるタイミングに合わせて若干名の追加募集を行います。既に予約を頂いているご家庭も御座いますが、2月から随時無料体験を受講頂き、その上で正式なご判断を頂きますので、ご希望の方はお早めに体験授業予約を頂けますようお願い致します。
尚、現小学6年生さんも中学入学を控えていますが、2月から例年同様中学入学準備講座を実施致します。中学入学準備講座のご案内も既に出来ておりますので近日中にこちらのページとLINKさせますのでもう少々お待ち下さい。


さて、週が明けて月曜日です。

あっという間に11月もあと2週間。

早いですね…

で、今日のブログをと思うのですが余談です。

今後のジムをどうするか考えるべく、

とりあえず先週はエニタイムさんに1週間通いました。

で、とりあえず分かったことは…

✓平日は9時から10時00分位なら余裕でマシンも使える。

✓土曜日の午前の同じ時間帯は、平日よりは混むがそこまでではない。ちなみに、9時前に到着しましたが、ランニングマシンは5分待ち位で使えました。で、その後…結局私が走り終わった頃(30分後)には、マシンは空いていました。

✓Y、Sのグランパも毎日通っていること(笑)継続のみ力なり、ですね。孫2人にも見習わせたいです(笑)


ついでに、私が耳にした情報によると…

✓夕方の込み具合は半端ない(らしい)

ってこと。

ただ、これに関してはSDさんの夕方がどういう感じなのか知らないので、

実際は大して変わらないのかもしれませんが…


で、私的に大きいのは…

やはり移動時間ですね。

片道20分、往復で40分…

塵も積もればで、

これが週6日となると240分、4時間です。

その時間で出来ることは多々あります。

ついでに…

人間は慣れる生き物なわけですが、

私も例に漏れず…

土足で入室するのも、

個室のシャワー室も、

慣れました。

あとは、もう1週間くらい様子を見て、

最終決定しようと思います。




では、本題です。

昨日の日曜開校、

定期前の中学1.2年生はみんな頑張っていました。

が、中学3年生は登塾して自学に励んでいたのが8名のみ…



おいおい…マジすか?


昨日はそう思いながら1日を過ごしました。

三者面談も9割以上終了しています。

その内9割以上の生徒は面談で、



現状のままでは届いていないよ。

現状のままでは安心できないよ。

ここから上げていくんだよ?

ここからもっと質を上げて、もっと勉強に費やして、

そうして志望校合格に向かっていくんだよ?




そういう話をしたにも関わらず…

昨日の登塾は8名…

いや、勿論…

自宅で出来る子は問題ないのです。

が、恐らく今年の中学3年生でも

自宅で集中して、

塾でやる以上に集中して、

誘惑に負けず、

自分に負けず、

しっかり出来る子はいても3人です。

3人。

じゃあ、それ以外の子はどうしているのか?

私はそう思うんです。

来週日曜日(18日)には模試を控えていますが、

そこに向けて実力テストで表面化した穴を埋める勉強は出来ているのでしょうか?

しかも…

今週に定期テストを控えている子も多いわけです。

その範囲の学習も順調ですか?

仕上がってますか?

ね?

やんなきゃないことは、いくらでもありますね?

そんな中で、

昨日はしっかりやれましたか?

勿論、

塾も毎週日曜日を開講できるわけではありません。

が、

テストの日程を踏まえて、

必要だと思う所は出来るだけ開講しています。

にも関わらず、

来ない…

置くべき環境に、自分を置かない…

でも、志望校には合格したいという。

親御さんの目の前でも頑張ると断言する。

でも、

日曜開校には来ない…


私には、1つの想いしかありません。





口ばっかり…






何度も言いますが…

やる子はやってますよ?

やるべきことをやってるから上がっているんですよ?

口だけ星人。

有限不実行人間。

そういう子で結果を出している子はいません。

一人も。



で、昨日のことを振り返って…

反省点があるなら、

まずは今日からその分を取り戻して下さい。

来週は模試なので日曜開校はありませんが、

12月2日は実力テスト直前の為開校しますので、

そういう機会を大切にして下さい。


口だけ星人や有限不実行人間は…

卒業しましょう。



ということで、

私自身も口だけ星人、有限不実行人間にならないように、

頑張ります。
カテゴリ: 受験生とは
2018/11/18(日曜) 18:06

と思いきや…

帰り際…

「おう。ホネ太!明日頑張れよ!」

と伝えると…

「水曜日っす!」

うそーーん…

中3は定期③からは対策特訓をしないので、

日程チェックが甘くなっていたことを反省(-_-;)

しかし、ホネ太曰く…

「いや~…教室のカレンダー見て思ってました!」

とのこと…



























言えや、このアホ!









ということで、皆さん今日もご苦労様でした。
カテゴリ: 塾のこと・・・
※キャンパス21更新情報※ 11月16日更新

【学童スクール来年度の利用申し込みについて】

近日中に案内をこのブログからLINK出来るようにしますが…9月から来年度の学童利用の予約を少しずつ頂いてきました。そして、現状で仮申し込み頂いているご家庭分を除くとあと5名で定員となりました。もし来年度のご利用をご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにお問い合わせを頂けますようお願い致します。尚、学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

【冬期講習について】
今年度の冬期講習は小学5年生~中学3年生部まで実施致しますが、中学1年生~3年生までは全学年定員の為講習会生の募集は御座いません。小学5・6年生は参加生を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。尚、冬期講習のご案内も既に出来ていますので、近日中にHPに掲載します。

【学習塾キャンパス21の来年度に関して】
先述の通り、現在中学部は全学年募集を停止しておりますが、現2年生は新中学3年生となるタイミングに合わせて若干名の追加募集を行います。既に予約を頂いているご家庭も御座いますが、2月から随時無料体験を受講頂き、その上で正式なご判断を頂きますので、ご希望の方はお早めに体験授業予約を頂けますようお願い致します。
尚、現小学6年生さんも中学入学を控えていますが、2月から例年同様中学入学準備講座を実施致します。中学入学準備講座のご案内も既に出来ておりますので近日中にこちらのページとLINKさせますのでもう少々お待ち下さい。



既に定期テストを終えた中学もありますが、

今週もテストラッシュです。

今年度在籍生TOPの伸びを見せているほね太君の桜中を皮切りに、

山王中、泉中、東中、飯島中の定期テストが入ってきます。

そして、

受験生も来週日曜日は模試です。

それに合わせて登塾し、

教室で黙々と自習に取り組んでいる子たちもいます。

どの子…

とにかく「今」を大切に勉強すること。

誰でもない自分の為に、

貴重な日曜日を使って、

今日1日で5点上げられるような勉強に努めること。

この2つを忘れることなく、

真剣に勉強に向き合ってほしいと思います。

頑張れキャンパス生!


おまけ話①

先日ブログにも書きましたが、

唇ヘルペスがやっとかさぶたになってきました。

が…

ヘルペス用の薬(軟膏)を塗っていると、

「せんせー、クリームが唇についてますよ(笑)」

とインチョウに言われたり、

「お父さん、歯磨き粉ついてるよ!」

と息子に言われたり((-_-;)

他の塾生にもいろいろ思われているんかな…

と心配になっている38歳です。


おまけ話②

睡眠時間2時間で朝から息子のサッカーの付き添いに行ったのですが、

もう寒すぎて笑えるレベルでした。

ベンチコート買おうかな…

と思いましたが、

でも実際着る機会なんてそんな無いだろうし…

しかも、

ベンチコート結構高いし…

でも、

自分は良いとして、

嫁が付き添うことが多いことを考えると、

やっぱり必要かな~と思ったり。

どないしよ…
カテゴリ: 塾のこと・・・
先ほど勝平補習から戻り、

受験生の様子と対策特訓の1・2年生の様子を確認して、

ブログを書ているナウです。

この後受験生面談も入っていますので、

今日のブログは(も?)手短にいきますが…


勝平教室補習で、

少しずつ「定着」を実感できる機会が増えてきました。

今日は模試過去問(国語)と英語をやったのですが、

英語では授業の最後に前々回の授業でやった内容を盛り込んで英作問題をやりましたが、

かなりの子が撃沈する中で…

Mゆ、Aと、Aり、Mな、Kりがしっかりとその内容を覚えていて、

英作でも正解してくれました。

ちなみに…

問題にしたのは

①私の帽子が机の上にある。

②私たちは昨日その本を読まなければならなかった。

①は案の定…

There is my cap on the desk・

①も案の定…

We must read the book yestereday.



We have to read the book yesterday.

②のreadはどちらも「過去形」として書いていた子が多数。

その上でみんなに問いかけながら説明をしていきましたが、

事前に生徒に聞いていました。

①で間違うとすればどういう間違えがあり得るか、分かるひと~?

で、それに対して手を上げてくれたのがAと、そしてMゆだったので、

私は更に続けました。

じゃあ、実際その間違えの予想を言ってみて。

すると、Mゆが答えました。

多分There is で書き出すと思いますよ~

















えくせれんと!



文句なし、完璧の回答でした。

更にAとにも、

これ、いつやったか覚えてる?

と尋ねると、彼も



前々回っすね。



と。




いぐざくとりー!!




いや、嬉しいですよ、本当に。

やった内容をしっかり定着させてくれている。

それこそが前進なわけです。


正直、

補習開始から2回目、3回目はそういう前進を感じられませんでした。

が、

少しずつ少しずつ…

毎回毎回、

前の週の授業内容を盛り込んで授業冒頭に口頭確認をしたり、

実際にテストをしたり…

そういう中で少しずつ

「確認しておかないと、うだうだ言われる」ということに気づき(笑)、

そこから更に

「自分の為」の復習にステップアップし…



そういう前進を重ねることで、

確実に成果が出る勉強というものが定着していくのです。



同じ教室で学ぶ仲間が、

そういう素晴らしい前進を見せている…

それに触発されないわけはないですね?


次は私。

次は俺。


そういう意識で皆が前進して欲しいと思います。


頑張れ、勝平教室生!
2 / 6 ページ
スマートフォン解析